家電運搬

1番格安な家電の運搬方法

家電運搬

家電の運搬

家電運送

家電搬送

家電 輸送

 

家電を運搬したい。
運搬といえば、宅配業者、引越し業者、郵便局などが思い浮かびますね。

 

郵便局は最大30kg、3辺合計170p以下のものしか送ることができませんので大きな家電を送ることは出来ません。
宅配業者でも冷蔵庫などの家電を運べるところは、大手しかありません。

 

大きな家電や複数の家電を運びたいときは、引越し業者がオススメです。
引越し業者は引越しでない場合ても、家電だけを運ぶサービスを行っています。

 

家電だけを運んでくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

一括見積もりすれば、料金の相場や最安値が一目瞭然です。
しっかり比較することで、後で「あっちの方が安かった!」なんて悔しい思いをすることもありませんね。

 

家電の運搬をするなら、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引っ越しの時期と費用の相場

 

家電運搬時期

 

引越しには通常期と繁忙期というのがあります。
繁忙期とは1年で一番引越しが多い3月前後で、それ以外は通常期と呼ばれます。

 

繁忙期は新大学生や新社会人に加え、春の人事異動で転勤する家族の引越しなどが一斉に行われるためにどこの引越し業者もてんやわんやです。
スタッフを増員したり、1日に回る回数を増やしても、処理しきれないため、予約ができない日もあります。
家電だけを運搬したいという依頼もそうです。余裕がないのです。

 

もし繁忙期にどうしても引越しするのであれば、新居がきまったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを依頼して比較検討し、契約までしておきましょう。
繁忙期のひっこしはスピードが命です。
出遅れないようにしましょう。

 

繁忙期と通常期では当然ですが、引越し料金が違います。
繁忙期は高く設定されていますので、もし可能であればこの時期の引越しをさけてずらすのがオススメです。
一人暮らしであればとりあえず必要最低限のものだけ宅配便で送り、通常期になってから送るというのも一つの手です。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

家電運搬時期

 

繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし通常期であっても、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。
といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらい時期と言えます。

 

では平日の午後もしくは時間を決めないフリー便を利用してみてはどうでしょうか?
引越し業者の仕事に余裕がある時期は、費用を割引して集客しようとします。
だからひっこし価格を安くすることができるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がない人にはオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか案外わからないものです。

 

引越し全般で一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
距離にもよりますが、長距離であれば数十万円かかってもおかしくありません。
一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

家財宅急便